基本的にカジノ法案に賛成です。

| トラックバック(0)

オンラインカジノの仕組み

カジノ法案といってもカジノに関することがメインではなく、統合型のリゾートを作る話であり、特筆すべきところが日本で禁止されてきたカジノを作る、ということでカジノ法案と呼ばれています。でも、カジノ法案と言ってしまうと、内容はよくわからなくてもなんだか危ない法案と心配になってしまって、反対したほうがいいのかなぁと思う人もいるかもしれません。でも、報道によるとカジノは、同時に開発されるホテルやショッピングモール、温泉やスポーツ施設などさまざまなものの一つであって、カジノの占める割合はごくわずかだそうです。それに、そういう施設と同時にインフラも整備されるのも大きなメリットとなるそうです。やっぱり、カジノ法案という命名は作為的なもの(悪意?)が感じられます。まぁ、注目度を上げるには効果的な名前かもしれませんが…。

日本は観光資源となるものがたくさんあると思いますが、何度も訪れることがない旅行者は、日本の伝統も、日本の最先端も遊びも一度に経験したい、と思うにちがいありません。(実際、六本木が大好きな外国人をたくさん知っています。)そのためには、既存のホテル等やインフラでは再開発といった対応は難しいと思います。今までなかった形式、規模で何もないところから新たな発想で作り上げるやり方が一番効率的かな、と思います。この大規模な統合型リゾートを核として環境客を呼び込み、衛星として既存の観光地へも観光客が流れる仕組みになれば、日本を訪れる観光客がぐっと増えると思います。

カジノ法案の話をする時に、カジノばかりに焦点を集めるのではなく、全体的な戦略をよく検討してそのために必要な法案を整備することが大切で、今のカジノ法案がその目的、戦略に合っているかをよく審議してもらいたいと思います。カジノ法案ではギャンブルが議論の焦点になっているようですが、日本人はマイナンバーで年間何日間まで遊ぶことが出来る、など制限できるのではないか、と思います。

カジノ法案はちゃんと考えれば、デメリットよりもメリットのほうが大きく、デメリットも十分対応する策があると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、kazu61261130が2018年6月25日 19:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「解体工事は二つある」です。

次のブログ記事は「以前までは嫌だったけど最近になって楽しくなってきた白髪染め!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30