解体工事は二つある

| トラックバック(0)

解体工事といっても家屋の解体工事もありますし、アパート解体もありますし、マンションの解体工事などもあるわけです。一言に解体工事になりますが二つになります。それが建物解体と内装解体になります。例えばビルや百貨店等建物の一部を賃貸借契約で利用していたときにそれが終了したときに明け渡す必要性が出てくるわけですが、その時に内装解体をします。もちろん、契約的にそのまま引渡しもよい、ということもありますが基本は内装解体をする、ということになります。解体といっても内部だけ、ということもありますから実は割と身近なものであったりするのです。大きなものであれば例えば発破解体などもあるのですが、日本ではこれは殆どないといっても過言ではないです。また、当然、内装の解体にそんな厄介な物を使うこともなく、あくまでほぼ手に収まる範囲での機械か人力によって解体されるようになっているのが普通です。大雑把にわけて二つありますが珍しいわけではないのです。

空き家になった実家を処分!解体費用の相場は?

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、poipoisanが2018年6月21日 14:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美しい目元になりたい」です。

次のブログ記事は「基本的にカジノ法案に賛成です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30