キャベツダイエットは食べる時間が大切

| トラックバック(0)
キャベツダイエットを失敗しないコツ。
それは、食べる量と食べる時間が大切です。

食前に食べる場合は、キャベツ一玉を1/6に切った程度の大きさが目安です。
最初は「多い」と感じるかもしれませんが、習慣となってくればそれほど苦痛ではありません。
もし外食などでキャベツが食べられない場合は、定食などについてくる付け合せのサラダや千切りキャベツを食べるといいでしょう。

そして、10分程度の時間をかけて食べることも大切です。
噛んでいるうちに脳の満腹中枢が刺激されてきます。逆に、いやいや食べたり、それほどキャベツを噛まずに食べてしまっては、意味がありません。

食前にキャベツを食べるのには、ダイエットのほかに便秘改善や美肌効果があります。
これは女性にとって、嬉しいオマケの副作用ですよね。

近年野菜の高騰でキャベツも値上がりし続けています。
けれど、春になれば春キャベツが出回る季節。旬のものを食べて、楽しくダイエットしちゃいましょう!

そんなキャベツダイエットですが、もっとほかのものとも比べてみたいですよね?


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年2月27日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「洗浄エステがあればいい」です。

次のブログ記事は「肌がツルツルになったらファンデーションは要らない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30