ニキビ跡は毛細血管の開きによっておこる

| トラックバック(0)
ニキビが治っても、その場所に赤みが残ってしまうケースもあります。

顔全体にポツポツと赤みが残ってしまうと、お化粧しても隠しきることができなくなりますね。

そもそもどうしてニキビ跡が残ってしまうのか、その原因を知ったうえでお手入れをする必要があります。

まず、ニキビができてしまうと、その周辺のお肌がダメージを受けてしまいますが、このダメージを早く修復するために、ニキビ周辺の毛細血管が開き、赤みが残ってしまうのです。

また、ニキビができたとき、皮膚がダメージを受け薄くなってしまいますので、皮膚下にある血管が透けて見えてしまうことになるのです。

ニキビ跡の赤みを消したいと思った時には、お肌の炎症を軽くするための成分が入っている化粧品を使ってみるとよいです。

さらにこの時、成分をナノ化して配合しているものだと、肌の奥まで成分を届けることができるようになります。

化粧品を使用しても赤みが引かないときには、美容クリニックでのレーザー施術を受けてみるのもお勧めです。

さらにこちら(⇒ニキビ跡 で書かれています。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年12月 6日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エルセーヌで手の光脱毛をします。」です。

次のブログ記事は「痩身エステを活用してむくみを改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31